したない。

ラノベ(たまに漫画)を趣味全開で紹介するよ!!

プロフィール

まやすけ

Author:まやすけ
ボウラー兼へたれシューター

【好み】
・映画監督で言えば内田けんじ監督の作品のような構成
・西尾維新の言い回し。
・大逆転モノ
・かわいいは正義

ただのヲタかと思いきや、
ボウリングで289とか叩き出す。

でもやっぱり基本的には東方厨

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

来訪者

読書メーター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 明日も彼女は恋をする

koiwosuru.jpg

著者:入間人間
イラスト:左
メディアワークス文庫

あらすじ

『過去の改変』から戻ったわたしに待っていたのは、彼の消失だった。
そして、もうひとつ。わたしの歩けなかった足が、元通りになっていた。歩いている。わたしが、進んでいる。
自分の足で。わたしが歩き回る姿に、島の住人は誰も驚いていない。慣れきっている。
この世界の『現在』では、彼は九年前に死んでいた。その蔓延する常識が、わたしを苛み、蝕んでいく。
わたしが歩ける毎日。それは彼が死んだ現代。まるで別の星へ飛んできてしまったようだった。
決めた。わたしは必ず取り返す。わたしと彼がいた世界を。必ず。

『昨日は彼女も恋してた』と上下巻構成。


感想

昨日は彼女も恋してたからのつづき。

これは真相を知ったら鳥肌がたったった。

叙述トリックにまんまと騙されてた。

と言うわけでネタバレOKな人だけつづきからどうぞ。
  • 昨日は彼女も恋してた

koisiteta.jpg


著者:入間人間
イラスト:左
メディアワークス文庫

あらすじ

小さな離島に住む僕。車いすに乗る少女・マチ。僕とマチは不仲だ。いつからかそうなってしまった。
そんな二人が、なぜか時空を超えた。はじめは二人はどこ にいるのかわからなかった。
島の景観なんて、十年やそこらじゃ変化しないから。
『過去』に来たと分かったのは、向こうから自分の足で走ってくる、『小さい マチ』を見たからだ。
僕は驚き、そして思いつく。やり直すことができると。
ずっと後悔していたことを、この、過去という『現在』で。
『明日も彼女は恋をする』との上下巻構成。


感想

『明日も彼女は恋をする』との上下巻で一つの作品なので、ここではあまり語らないことにします。

この一冊単体の感想

一言で言うなら離島版バック・トゥ・ザ・フューチャー
本文にもBTTFネタが満載なのでPART3まで一通りは観ておきたいところ。

これ一冊でも十分良作なんですが、下巻を読んでしまったがために上手く感想が書けません。
……いや、いつも通りか。


なので、きゅんときたセリフで終わりたいと思います。


マチ「そっちの方は、隠していた覚えがないの」


  • ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち

51gLuGWoTaL.jpg

著者:三上 延
メディアワークス文庫

あらすじ

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。
そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。
残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。
だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、
いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。
これは“古書と秘密”の物語。


感想

日常にミステリを少し。

個人的にメディアワークス文庫はラノベじゃないと思ってるけど、ラノベなんだろう。
挿絵は全くないがかなり読みやすい文章なので、1時間ちょっとあれば読み終わるんじゃないかしら。
4章から構成されてるので短編小説を読んでるようで疲れないのもあるかも。

びっくりするほど凄いって印象は無いけど、売れているのもなんとなく分かる気がします。

中身としては、ミステリと言うより本を通して人間関係にスポットを当てているのかな。
あんまり構えず、肩肘張らずにゆったり読める一冊。

休みの日の午後に紅茶でも飲みながら読むのがオススメ。
いい気分転換になるかも知れません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。