したない。

ラノベ(たまに漫画)を趣味全開で紹介するよ!!

プロフィール

まやすけ

Author:まやすけ
ボウラー兼へたれシューター

【好み】
・映画監督で言えば内田けんじ監督の作品のような構成
・西尾維新の言い回し。
・大逆転モノ
・かわいいは正義

ただのヲタかと思いきや、
ボウリングで289とか叩き出す。

でもやっぱり基本的には東方厨

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

来訪者

読書メーター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ココロコネクト カコランダム

51s8J8SOkvL__SS500_.jpg

著者:庵田 定夏
イラスト:白身魚
ファミ通文庫


あらすじ(裏表紙より抜粋)

終業式、文研部のメンバーは謎の文字を見つけた。
「永瀬・稲葉・桐山・青木」、そして「12時~17時」。
誰が書いたのか、意図すら分からず、首をひねる五人。
だが彼らは12時に、信じられない光景を目にする。
子供に戻った伊織と唯、二人は身体と精神が幼くなっていて……!?
17時にピタリと止まる奇妙な条件、姿を現さない<ふうせんかずら>、
そしてただ一人現象が起こらない太一に、謎の影が忍び寄る――!
愛と青春の五角形(ペンタゴン)コメディ、大波乱の第三巻!!


感想

「過去をやり直せるとしたら、君はやり直したいと思うかい?」

今回の超常現象は『時間退行』
"12時~17時の時間帯に五人のうちの誰か(1~3人)が見た目から幼くなってしまう"、と言う現象。

強調文今回違うところは、太一が時間退行の対象外であること。
そして今回の黒幕である"二番目"の存在。

これがどう影響して、心の傷を抉るのか。今回のキモです。


前作、前々作と太一・伊織・稲葉んの三角関係を中心に書かれていましたが、今回は青木と唯のターン。
青木はバカだけど、こいつはデキるバカだなぁとつくづく思いました。
年を取るとどうも青木みたいなバカがうらやましくなるね。あーやだやだ。

そして吹っ切れた稲葉の変化。
クールな通常運転の中に垣間見える恋する乙女の顔……
極上のクーデレってやつですね!?むっはーーーーッ
稲葉んがかわいすぎて生きるのがつらいです。

あ、あと、4才児稲葉んはどこに行ったら会えますか!?ペロペロしたいです!!


さて、今作のエンディングで次につながる重大な変化が。
未だ底を見せない永瀬伊織に関して次の巻で変化がありそうです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。