したない。

ラノベ(たまに漫画)を趣味全開で紹介するよ!!

プロフィール

まやすけ

Author:まやすけ
ボウラー兼へたれシューター

【好み】
・映画監督で言えば内田けんじ監督の作品のような構成
・西尾維新の言い回し。
・大逆転モノ
・かわいいは正義

ただのヲタかと思いきや、
ボウリングで289とか叩き出す。

でもやっぱり基本的には東方厨

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

来訪者

読書メーター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • とある飛空士への追憶

img_228371_7952022_3.jpg
著者:犬村 小六
イラスト:森沢 晴行
ガガガ文庫


あらすじ

「貴様にひとつ、重大な任務を託したい」
「美姫守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」
レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。
次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。
そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!?
――圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!
蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。


感想

※"とある"とありますが、インなんとかさんは出てきません。

ラノベのお手本のような作品にして不朽の名作。

身分違いの恋。でも空のなかでは身分なんて関係ない。

ありがちな設定だからこそ書き手の力量が問われるわけですが、これは文句なしの名作だと思いました。

最初はぎこちなかったふたりが、旅をし、修羅場を潜り抜けるごとに心を通わせるのもよかったし、
敵機との戦闘描写もシャルル側の視点、敵側の視点と目まぐるしく変わる事によって臨場感も凄かった。
ミッションが完遂される事が約束されている物語であるにもかかわらず、手に汗握る展開。
もう見事なまでに引き込まれてました。

ラストシーンは超必見
ラストシーンは超必見。
大事なことなので二度言いました。

僕が語るよりご自身の目で見てください。


うーん、レビューブログなのに感想を書けば書くほど陳腐になっていく。精進せねば。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。