したない。

ラノベ(たまに漫画)を趣味全開で紹介するよ!!

プロフィール

まやすけ

Author:まやすけ
ボウラー兼へたれシューター

【好み】
・映画監督で言えば内田けんじ監督の作品のような構成
・西尾維新の言い回し。
・大逆転モノ
・かわいいは正義

ただのヲタかと思いきや、
ボウリングで289とか叩き出す。

でもやっぱり基本的には東方厨

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

来訪者

読書メーター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 東雲侑子は全ての小説をあいしつづける

東雲


著者:森橋ビンゴ
イラスト:Nardack
ファミ通文庫

あらすじ

私の一番大切な人に、この本を捧げます。

3年生になり、卒業後の進路を考えなくてはならない英太。東雲はやはり進学するという。
特別優れているわけでも劣っているわけでもない自分も、
ひとまずそう考えるべきなのだろうと思いながら、自分のやりたい事が分からずに迷う。
小説家という夢を既に実現してしまっている東雲と自分を比べて、
漠然とした焦燥に駆られる英太だが、東雲と過ごしてきた時間が、彼の望む未来をほのかに照らし始める……。
もどかしく苦いラブストーリー、決心の先へ。


感想

東雲侑子シリーズ完結編

自分としては予想通りのエンドってつまらないな、と思ってます。
先が読めるストーリーって読んだあと時間の無駄だったなとさえ思ったりします。


しかし、この作品は例外でした。

最初から捻りも奇をてらった演出もなく、シンプルに純愛路線を貫いた作品だからこそ、
最後までその路線を崩して欲しくなかったのですが、
みごと、そのままの路線を貫いてくれました。

まぁオチと言うか、これからどうなっちゃうんだろう・・・みたいなハラハラ感は若干薄いものの
終始イチャこらしている二人を見ていて、

おっさん、きゅんきゅんしちゃったよーww


話の内容としては、
作家として十分に独り立ちしている彼女に対し、何もない主人公が進路に悩みつつ
何がしたいか、何をすべきかを模索していくストーリー

王道もいいとこですね。
逆に清々しいぐらいの王道っぷり。

最近は変化球的な作品ばかりを読んでいたので、こういうのもいいなって思いました。

ありきたりすぎてつまらん!という人も多いと思いますが、
たまにはこう言う作品で息抜きするのもいいかなって思います。


まぁ自分の高校生の頃と比べてウツになる人も多そうですが。私含め。

ノ乙(、ン、)






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。