したない。

ラノベ(たまに漫画)を趣味全開で紹介するよ!!

プロフィール

まやすけ

Author:まやすけ
ボウラー兼へたれシューター

【好み】
・映画監督で言えば内田けんじ監督の作品のような構成
・西尾維新の言い回し。
・大逆転モノ
・かわいいは正義

ただのヲタかと思いきや、
ボウリングで289とか叩き出す。

でもやっぱり基本的には東方厨

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

来訪者

読書メーター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 東雲侑子は短編小説をあいしている

51X0-GcSPsL__SS500_.jpg

著者:森橋ビンゴ
イラスト:Nardack
ファミ通文庫

あらすじ(裏表紙より抜粋)

何事にも無気力、無関心な毎日を過ごす高校生、三並英太。
楽そうだからという理由だけで図書委員になった彼は、
ともに委員を務める東雲侑子の熱のない静けさに、自分の空虚さに似たものを感じていた。
しかし偶然彼女の秘密を知ってしまったことから、自分との違いを思い知らされる英太。
だが、その秘密のために、彼女と距離を縮めることとなり、
失ったはずの感情に胸を締め付けられていく……。
早熟な少年少女に贈る、もどかしく苦いラブストーリー。


感想

テンプレのような主人公にどこかで見たようなヒロイン、そして擬似恋愛モノ……。
いつかどこかで見たことあるような組み合わせだからこそ作者の力量が出るわけで。

結論から言えば、すごくオススメしたい作品です。

この本に出てくる全てが必要なパーツで、無駄が一切ないのもすばらしい。
本編ではヒロイン・東雲侑子の心境の変化の描写がほとんど無く、
章の始めの作中作で語らせる手法を取る事で、あえてヒロインの感情を分かりにくくし、
読者と主人公を現在進行形でシンクロさせる……。
リアルじゃ相手の気持ちなんてわかりっこないからね、その辺すごくリアルに感じた。

まぁ客観的にハッピーエンドを期待はしてたけど、最後まで逆転の目を残すやり方はすばらしい。

タイトル通り、これからもヒロインには短編小説を、短編小説"だけ"をあいしてもらいたいなと思いました。


なんか続編が決まった見ただけど、楽しみ半分、蛇足にならないか不安半分で12月末を待とうと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。