したない。

ラノベ(たまに漫画)を趣味全開で紹介するよ!!

プロフィール

まやすけ

Author:まやすけ
ボウラー兼へたれシューター

【好み】
・映画監督で言えば内田けんじ監督の作品のような構成
・西尾維新の言い回し。
・大逆転モノ
・かわいいは正義

ただのヲタかと思いきや、
ボウリングで289とか叩き出す。

でもやっぱり基本的には東方厨

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

来訪者

読書メーター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ボンクラーズ、ドントクライ

9784094513165.jpg

著者:大樹 連司
イラスト:白味噌
ガガガ文庫


あらすじ

あの頃の僕らは、恋がどんなものかも知らなかったーー。
ネットもケータイもない生活が当たり前だった1999年、とある片田舎の高校。
肇とカントクは、夢だけは大きく「日本の特撮映画を変えること」
だが、映画の撮影準備と称して憧れの特撮ヒーローになりきる「ごっこ遊び」に興じてばかりのボンクラ映画研究部。
そんな「撮らない」映画研究部に、わけありの美少女が飛び込んできてーー。
男子ってやつは……バカで、むき出しで、まっすぐで、最低だけど最高だ!!
誰しもが通り過ぎる、恥ずかしく、苦く、痛々しい青春模様。


感想

なんつーか、痛い・・・

この作品は読んでてすごく辛かったです。
別に文章がおかしい、とか設定が飛びすぎてて……とかではありません。
むしろ設定がリアル俺すぎて直視できなかったです。

と言うのも、主な登場人物は3人
肇(男)映研所属、主人公にして語り部
カントク(男)映研所属。肇の親友。特撮ヒーローオタク
桐香(女)わけありで映研に関わることに。

まぁ通常のラノベであれば三角関係になって云々なんだけどね~。通常は……。

そんなステレオタイプなラノベではなかったのがこの作品。
一言で言うならば、肇は主人公であって主人公ではなかった。
その他大勢代表とも言える主人公、肇。
肇の気持ちをよそにいがみ合いながらも急速に距離が縮まっていくカントクと桐香。
最初から最後まで見ているだけの主人公、肇。肇ェ・・・

僕を含め、学生時代にその他大勢でしかなかった人たちはこれを読むと胃の辺りが痛くなってくるはず。
甘いだけの青春小説を読みたい人には絶対オススメできません。

ラノべにしては異色の作品ですが、面白かったです。
……オススメはしませんが、読む覚悟があればどうぞ。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。